他にはない面白いノベルティグッズ
2019年3月21日

ノベルティを企業で作るときの注意

企業では、イベント等で記念としてノベルティを作成して配ることがあります。

手頃な価格の文房具や高価な小物など、ノベルティの種類は様々です。といっても、オリジナルノベルティの基本的な作り方は文房具も小物も同じなのでどの企業でも簡単に制作できます。一般的に、オリジナルノベルティは既存の製品に印刷や刻印などを施してあるだけです。この時、土台となる既存の製品はなるべくシンプルなデザインの物を選んでおきます。製品によって印刷や刻印など、マークや模様の入れ方は変わってきます。

業者に依頼する前に、必ずどのような仕上がりになるのか確認してから制作するようにしてください。土台の製品の種類に関係なく、依頼する個数が多いほど単価は安くなっていきます。業者によっては、対応できる個数に制限があるのでその点も注意しなくてはいけません。基本的に金額は、土台の製品の価格に加工代金を足したものになっています。この時、加工代金が注文する個数によって変わってくるので注意が必要です。

個数が多い時は単価が安くなりますが、加工に時間がかかるので注意した方が良いです。せっかく注文しても、イベントに間に合わないということも珍しくありません。注文する際には、値段だけでなく納期がいつになるのか確認しておいてください。少量しか依頼しない時は、印刷でつかうインクの種類を少なくすることで単価が抑えられることもあります。何パターンかデザインを考えて、見積もりを出してもらい比較することも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *