他にはない面白いノベルティグッズ
2019年4月15日

ノベルティで購入意識を刺激する

低迷する経済状況の中で、目だった改善もない日本では、将来に対する漠然とした不安から貯金にお金を回す人が増えています。

不必要なものは極力手にしない、削れるものから削っていくという消費の在り方が20年続いた結果、長引く不景気から脱却できずにこまねく状況です。しかし、経済はばらまかれたお金を使って物を買うことで循環しているもので、健全な状態に戻すためには、商品を消費することが何よりも大切なこととなります。節約志向が先行する日本の状態は健全とは程遠いながら、若干の回復を見せている状況です。

ものを購入したくないという人達に対し、どのようにアピールすることが効果的なのかということを企業側は常に試行錯誤してきました。ノベルティ戦略は企業側が考え出した立派な販促戦略の一つですが、これが現在効果を発揮する場面は限られています。例えば、雑誌の付録などがノベルティにあたりますがこれは主役である雑誌のおまけ程度のものでこれまであまり重宝されていませんでした。

しかし、ノベルティを雑誌の値段以上に豪華に見えるように作ることで人気に火が付き、低迷していた雑誌の売り上げを押し上げる結果を生みます。このように、販売の仕方や戦略を練る事で財布のひもがかたくなった人々へアプローチでき、そして消費意識を刺激することが可能です。何か値段以上の特典を求める風潮が良いのか悪いのかという判断はともかく、今後もより消費意識を高めるためにこの流れは継続すると予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *