他にはない面白いノベルティグッズ
2019年8月15日

ノベルティは年齢や性別も考慮して配布

ノベルティを配布するときは年齢や性別なども考慮して作り、企業や商品を知ってもらいたいターゲットを絞り込んでから対象にあった品を配ることでより高い販促効果が得られます。

よくホームページアドレスやQRコードを印刷してあることもありますが、これも手に取った人が検索してくれるきっかけになります。これまでは全く関わりがなかった人からもアクセスがあり、口コミで広がる効果も高く、ノベルティを作る企業も色々な角度から企業や商品をアピール出来ます。選び方もコツを抑えることで高い販促効果があり、重要なのが企業や商品のイメージのあったものを選ぶことです。逆な物を選ぶと想定した効果とは異なる結果が出てしまいます。

企業と商品のイメージが近くて相乗効果が得られる品を選んで、製作では予算が決まっていることが多いのでその限られた中で、いかに効率よく販促効果があるかを考えます。アピールしたい品をイメージが離れていないかや、企業のイメージにあっているかなども大切です。

ターゲット層を絞ったノベルティを選ぶことも重要で、アピールをしたい商品を購入する消費者を考えてから年齢層や性別も考えます。高齢者になるほど企業名や商品を強くアピールしたものは敬遠されやすく、発揮したい宣伝効果を考えてから的を絞りこんで選びます。最近はキャラクターを使う会社も増えてますが、これも浸透するまで時間がかかります。使うときも長い目で愛されるかも考えておいて、個性的なキャラクターほど消費者は避けてしまいます。採用するときも他の会社と似ていないかもチェックし著作権も配慮が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *