慢性頭痛は渋谷の頭痛外来があるクリニックへ

頭痛ごときでは仕事を休めないのが、現代人でしょう。多くの人は、市販の鎮痛剤を飲んで痛みをごまかしながら仕事をしているのが現状です。しかし次第に鎮痛剤の量が増えて行くと、治すはずの鎮痛剤が逆に頭痛を招いているというケースもあります。また、温めてみたり冷やしてみたりと、自己治療を行っている人の中には間違った方法を行っていて、却って悪化させているケースも少なくありません。

肩こりを伴う緊張型頭痛とこめかみがズキズキと痛む偏頭痛では、同じ頭痛でも対処法が違います。緊張型頭痛では血行を良くする方が楽なので、入浴や患部を温めることで痛みが軽減します。しかし偏頭痛は血管が広がることで痛みを発しているので、温めると余計に痛みがひどくなります。中には、緊張型頭痛と偏頭痛が合併していることもあり、そうなると絡まった糸をほどくように丁寧に治療する必要があります。

頭痛はありふれた症状ですが、意外と複雑です。慢性的な頭痛に悩んでいる人は、頭痛外来を訪れることをお勧めします。餅は餅屋と言われるように、頭痛は頭痛外来を受診することが解決の早道です。渋谷と言う便利な場所に専門のクリニックがありますので、お買い物に出て来られた時などに一度お立ち寄りください。

頭痛外来はまだまだ少なく、大きな病院でも設置されていないことが多いです。一般のクリニックではほとんどありませんが、交通の便の良い渋谷にあると言うのは、嬉しい話でしょう。渋谷にある頭痛外来専門のクリニックでは、一人一人の症状に合わせてオーダーメイドの治療を行うことを心がけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です