甲状腺に特化した虎ノ門の内科とは

日本で男女雇用機会均等法が制定されて以来、女性が働くことが非常に多くなりました。特にバブル期以降から令和の現代にいたる今で、女性の社会進出はますます多くなっているんです。特にサラリーマンの年収が上昇しないために、妻も一緒に働かないと生活が維持できない家庭が多くなっていることも、女性の社会進出を促進しているといえます。だが女性が外で働くことは、思っている以上に大変なことです。

仕事を終え子供を保育園に向かいに行き、家に帰れば食事の支度に洗い物、選択の取り込みや明日のお弁当の準備など、女性はいきつく暇がありません。そのことでストレスをため込んでしまい、最近少し体に変調をきたしているという人も少なくないのです。特に女性に着目してほしいのは、喉元が腫れていないないかという点です。さらに体重減少に食欲増進、息切れや頻脈、汗をたくさんかくという症状が見られたら甲状腺失火のバセドウ病の可能性が高いです。

虎ノ門エリアには働く女性にために、甲状腺内科なども開院しています。虎ノ門の甲状腺内科ではバセドウ病の診断を、精密な血液検査と喉元のエコーで診断します。もしTSHの値が滝となるとバセドウ病は確定です。仕事を抱えストレス過多な女性にバセドウ病は発症しやすいのです。

そのため「虎ノ門の甲状腺内科にも連日たくさんのキャリアウーマンが通院している姿を目撃することができます。投薬治療だけで入院を必要としないことも多く、治療と並行しながら仕事を続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です