虎ノ門の内科で甲状腺の治療を

甲状腺というと、どこの臓器を指すのかわからないという人も少なくありません。この臓器は喉元にあり、二対になっておりハートのような形をしている臓器なのです。認知度は極めて低い臓器であるものの、人間にとって欠かすことのできない臓器であるのはまちがいありません。なぜならこの臓器はホルモンと代謝を司る非常に大事な臓器であるからなのです。

この臓器は脳に指令を送り、日々ホルモン分泌を司ります。そのことで代謝が上手く行われ、体の体温調整などもきちんとおこなわれている訳です。しかしながらこの臓器を患う人も少なくありません。最近よく聞かれるのは甲状腺がんです。

この臓器は放射のうなどの影響を受け、甲状腺がんを発症することがあるんです。福島原発のメルトダウンや放射の汚染により、甲状腺がんを患った人も多いのです。ほかには、バセドウ病や橋本病というものになってしまう人も世の中にはたくさん存在します。代謝やホルモン異常をきたすので、全身の倦怠感や多汗、震え、動悸に体重減少などが顕著な症状です。

少しでもこれに近い症状が見られるのであれば、一度虎ノ門の内科を受診することをお勧めします。虎ノ門の内科の中には内分泌内科なども有ります。そうした虎ノ門の内科を受診すると、頸部エコーや精密な血液検査によってバセドウ病なのか否かあかくていするのです。治療にはプロパジールなど専門的な治療薬が使われて、血液のTSHなどの数値を経過観察していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です